愛宕念仏寺の紅葉(京都奥嵯峨)

愛宕念仏寺の紅葉

index

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)
 奥嵯峨の山の麓に静かに立つ愛宕念仏寺は、奈良時代後期に第48代稱徳(しょうとく)天皇(在位764~770)により、平安遷都以前の愛宕郡(おたぎぐん)の地に建立された愛宕寺(おたぎでら)が始まりとされています。かっての愛宕郡は現在の東山区の建仁寺の南の辺りです。
 愛宕念仏寺の建つ奥嵯峨の山の斜面は秋の終わり頃には樹々が赤や黄に染まり、鎌倉時代に建てられた重要文化財の本堂、火伏せの地蔵堂などが紅葉の下で静かに建ち、千二百体もの苔むした羅漢さんが微笑んでいます。

愛宕念仏寺本堂(重要文化財)
 本堂は鎌倉時代の文保(ぶんぽう)2年に建てられ、単層入母屋造(いりもやづくり)、本瓦葺、方5間の建物で、ご本尊の「厄除け千手観音像」がお祀りされています。
 この本堂は大正11年(1922)に京都市東山区の珍皇寺の近くから他の堂宇とともに3年の月日を要して現在地に移築されたものです。

地蔵堂
 山の斜面に建つ地蔵堂には平安時代初期に作られた火除地蔵菩薩坐像がお祀りされており、愛宕山の本地仏で火伏せの神として信仰され、「火之要慎」のお札が京都のどの家にも貼られています。

羅漢さん
 愛宕念仏寺の境内には様々な表情と所作の羅漢(らかん)像が見られます。千二百体にも及ぶ羅漢の石像は、昭和25年9月のジェーン台風で破損した堂宇を復元修理する折に「寺運興隆」を祈願して石造五百羅漢造立を考え、参拝者によって彫られた500体羅漢が完成し、 その後にさらに700体が追加されて現在の1200体になったものです。表情豊かに様々なポーズで並ぶ羅漢さんで境内が和やかな雰囲気に包まれています。

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)
 愛宕念仏寺の境内には1200体もの様々な表情と仕草の羅漢さんの石像がて紅葉の下に並んでいます。
 これらの羅漢像は一般の参拝者によって刻まれ奉納されたものです。

 愛宕念仏寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

愛宕念仏寺の所在地
 京都市右京区嵯峨深谷町2-5
愛宕念仏寺の宗派 天台宗
愛宕念仏寺の拝観料 300円
愛宕念仏寺の拝観時間
 AM8:00~PM5:00
愛宕念仏寺へのバス
●京都駅前から京都バス72系統 嵐山・清滝行きに乗車「愛宕寺前」下車、すぐ
●三条京阪前、四条河原町からの京都バスもあります。
愛宕念仏寺の駐車場
 拝観者の車が10台駐車できます。