平野神社の桜
 境内には60種類、約400本もの桜が植えられていて、3月中旬に咲く桃桜、つづいて神門の脇で咲き始める魁桜(さきがけざくら)に始まり、4月の20日頃まで1箇月もの間にわたって桜の花を楽しめます。これらの桜には各公家から奉納された桜も多く今に伝えられています。

 境内の桜が見事に咲き揃う4月10日には桜祭が行われ多くの人で賑わいます。これは寛和(かんな)元年(985)4月10日に花山天皇が桜をお手植えされたことに由来します。

 境内南側の「さくら苑」には桜にかこまれて花見の宴や店が並びます。

平野神社(ひらのじんじゃ)
 平野神社は御祭神には今木神(いまきのかみ)、久度神(くどのかみ)、古開神(ふるあきのかみ)、比賣神(ひめのかみ)の四柱がお祀りされています。平野神社は平安遷都の794年に桓武天皇によって奈良平城京の田村後宮の御殿からこの地に移された1200年以上の歴史を持つ神社です。

 平安時代中期には、伊勢神宮、上賀茂神社、下鴨神社、石清水八幡宮、松尾大社に次ぐ名社として位置づけられていました。平野神社は歴代の朝廷の崇敬も深く、源氏、平氏の氏神としても崇められていました。平野神社の神紋は桜の花が象られています。桜咲く絵馬やお守りも揃っています。

平野神社(ひらのじんじゃ)
 平野神社の比翼春日(ひよくかすが)造の本殿は桓武天皇が平安遷都の折に大和国より移したと伝わる歴史ある神社です。

 平野神社の桜は3月中頃に桃桜、魁(さきがけ)桜が咲き出し、その後1ケ月に亘って幾種もの桜が咲き続けます。

 京都屈指の桜の名所といわれる平野神社の境内西南に位置する桜苑には約60種、400本ほどの桜が植えられています。

 平野神社へのgoogle地図はページの下部にあります。

平野神社の御祭神
 今木神(いまきのかみ)
 久度神(くどのかみ)
 古開神(ふるあきのかみ)
 比賣神(ひめのかみ)
平野神社の場所 京都市北区平野宮本町1
平野神社の参拝 境内参拝自由
平野神社への公共交通機関
 西大路通を走る市バス「衣笠校前」下車、徒歩すぐ
(京都駅前から市バス50又は205系統)
駐車場 普通車20台程度が500円で駐車できます。

隙間400

▼平野神社東大鳥居と満開のさくら 。

平野神社桜78-1

桜満開の平野神社さくら苑

平野神社桜78-2

▼拝所の奥に重要文化財の比翼春日造の本殿の屋根が見えます。

京都の桜平野神社2

▼神門の脇で咲く 魁桜(さきがけざくら)は桃桜に次いで3月下旬に満開です。

京都の桜平野神社3

▼平野神社で最も早く咲く桜が桃桜で、3月中頃には満開を迎えます。

京都の桜平野神社4

▼参道に並ぶ桜。

京都の桜平野神社5

▼境内社の出世導引稲荷社。

京都の桜平野神社6

▼東大鳥居と桜を西側から見ています。

京都の桜平野神社1