天龍寺
 平成6年(1994年)に世界文化遺産に指定された天龍寺は、正式の名前が霊亀山天龍資聖禅寺の臨済宗天龍寺派の大本山で、名勝嵐山の渡月橋にほど近く、釈迦如来を本尊とする禅寺です。

 桜、新緑、紅葉、雪と四季それぞれに美しい庭が観賞でる方丈庭園は、曹源池(そうげんち)を中心に嵐山の桜や紅葉に彩る木々の山肌を借景とする池泉回遊式庭園で、夢窓疎石の作と伝えられ、開山当初の面影をそのまま今に伝えられています。この方丈庭園は国の史跡、特別名勝に最初に指定された歴史ある庭です。

天龍寺の歴史
 天龍寺は暦応2年(1339)に室町幕府を開いた足利尊氏(1305~1358)が後醍醐天皇の菩提を弔うために、夢窓疎石(むそうそせき)を開山に迎えて創建したと伝えられています。天龍寺造営の資金を捻出するために、中断していた元との貿易を天龍寺船により再会した話はよく知られています。

 当初は亀山公園から渡月橋までもの広大な寺域に百を超える塔頭子院を持ち、京都五山の一位を誇りましたが、その後の八度もの戦乱や火災で堂宇はことごとく焼失し、幾度もの再建を繰り返していましたが、今に見られる建物のほとんどは明治時代に再建されたものです。

 法堂の天井には加山又造の筆による「雲龍図」が描かれていて、土、日、祝日および特別公開日に有料で公開されます。絹本著色(けんほんちゃくしょく)夢窓国師像など数多くの重要な文化財を蔵しています。

天龍寺の紅葉の写真のページもご覧ください。

天龍寺(てんりゅうじ)
 天龍寺は後醍醐天皇の菩提を弔うために創建された寺院です。

 後醍醐天皇を祀る多宝殿の前にひときわ美しい枝垂れ桜が咲きます。天龍寺の境内全体には200本ほどのソメイヨシノや枝垂れ桜が咲き揃います。

 境内西の「望郷の丘」に登ると満開の桜の間から遠く京都東山の山並みが見渡せます。

 天龍寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

天龍寺の宗派 臨済宗天龍寺派
天龍寺の所在地
 
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
天龍寺の拝観
 
庭園拝観は500円、諸堂拝観は100円追加
天龍寺への公共交通機関
●JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」下車、徒歩約10分
●嵐電(京福電鉄嵐山線)「嵐山」下車、すぐ
駐車場 天龍寺参拝者専用有料駐車場 1日1000円で普通車120台が駐車可能です。

 
▼桜を眺めながら拝観入口の庫裏に向かいます。

天龍寺の桜1

▼天龍寺境内の紅枝垂桜。

天龍寺の桜5

▼春の曹源池庭園。

天龍寺の桜2

▼左の大きな建物は明治32年に再建された大方丈です。

天龍寺の桜6

▼「望郷の丘」から満開の桜と遠く東の山を見ています。

天龍寺の桜3

▼多宝殿を北に歩くと百花苑の桜と石楠花が美しく咲いています。

天龍寺の桜4

▼法堂の天井の加山又造画伯が描いた雲龍図の中心部分。

天龍寺の桜7