佛光寺の桜
 佛光寺の春は4月初旬に大師堂と阿弥陀堂の大きなお堂の前で3本の枝垂桜が濃い紅色の花を咲かせます。
 この3本の桜の木は秩父宮、高松宮、三笠宮が昭和47年(1972)にお手植された由緒ある桜です。

佛光寺(ぶっこうじ)
 佛光寺は親鸞聖人が越後流罪から赦免された翌年の建暦2年(1212)に山科に草庵を結ばれたのがはじまりです。その後の真宗の教化活動の様々な苦難や変遷を経て元応2年(1320)に寺基を京都の洛東に移しましたが、豊臣秀吉がその地に方広寺大仏殿を造営するために400余年前の天正14年(1586)に今の地に移されました。

 阿弥陀堂(左)と大師堂(右)が並ぶのは本願寺などと同じ伽藍形式で真宗特有のもので、写真右の大師堂(御影堂)は明治17年(1884)に再建されました。この大きな木造建築は正面が27メートル、側面が33メートルもあるそうです。阿弥陀堂(左)は明治37年に再建され、正面が16メートル、側面が21メートルと大師堂よりは小さくなっています。

  重要文化財として木造聖徳太子立像と紙本着色一流相承系図を所蔵しています。

佛光寺(ぶっこうじ)
 浄土真宗の宗祖の親鸞聖人が越後流罪から赦免されて京都に帰られ、山科の東野に一宇を建立され「興隆正法寺」の号を順徳天皇から賜ったのが佛光寺のはじまりとされています。親鸞聖人がお亡くなりになった後に七世了源上人が洛東渋谷に寺を移転し、寺の名を「佛光寺」と改めました。

 浄土真宗特有の伽藍形式で大師堂と阿弥陀堂が東を向いて並んで建ち、その前に3本の紅枝垂桜が美しく咲いています。

 佛光寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

佛光寺の宗派 真宗仏光寺派本山
拝観 拝観境内自由(午前9時~午後4時)
佛光寺の所在地
 
京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397
佛光寺への公共交通機関
●市営地下鉄烏丸線「四条」駅、四条駅南端の5番出口より地上へ出て数分
●阪急京都線「烏丸」駅下車、地下鉄四条駅南端の5番出口より地上へ出て数分
●烏丸通を走る市バス「烏丸松原」下車、北東へ徒歩数分

 
▼左が阿弥陀堂、右が大師堂(御影堂)。

佛光寺桜1

▼ビル街に近いお寺でもこんなに綺麗な花が見られます。

佛光寺桜2

▼大師堂の前でつややかな紅色の花を咲かせる枝垂桜。

佛光寺桜3

▼佛光寺の大師堂門と桜。

佛光寺桜4