大沢池の桜
 大沢池の春は水面を取り囲むように桜が咲き揃い、水鳥が泳ぐのどかな光景が広がります。天神島に架かる橋の赤い欄干や心経宝塔(多宝塔)を取り込んでカメラを向ける人が並びます。

大覚寺(旧嵯峨御所大覚寺門跡)
 
嵯峨天皇の離宮嵯峨院を嵯峨天皇の皇女の正子親王が大覚寺と改めたもので真言宗大覚寺派の本山です。

大沢池
 大覚寺の東に広がる大沢池は月見の名所としても知られ、秋には一対の龍頭鷁首(りゅうとうげきす)の舟を浮かべて「観月の夕べ」が催されます。これは平安時代の貴族の遊興の一つとして楽しんだ観月の催しを再現したものです。

 大沢池は日本では最も古い人工の林泉で、嵯峨天皇(第52代天皇、在位大同4年(809)弘仁14年(823))が離宮嵯峨院をお造りになる折に、中国の洞庭湖をモデルとして設計されたもので、庭湖とも呼ばれる周囲約1キロの平安時代に造られた人工池です。

 水面は約23,000平方メートルもあり、そこに大小二つの島が浮かんでいます。大きい島は「天神島」で天神社が鎮座しています。小さい島は秋には嵯峨菊が咲いて「菊が島」と呼ばれています。

名古曽の滝
 池畔の北側に名古曽の滝(なこそのたき)があり、平成6年からの発掘調査によって平安時代を再現されています。大沢池、名古曽の滝ともに国の名勝に指定されています。

大沢池(おおさわのいけ)
 大沢池は大覚寺境内の東に広がる周囲が約1㎞の美しい池です。

 庭園に池が造られたのは、この大沢池が日本では最初と伝えられます。

 大沢池は月見の名所として知られ、中秋の名月の夜には池に舟を浮かべて観月の夕べが催されています。

 大覚寺大沢池へのgoogle地図はページの下部にあります。

大沢池の拝観料
 
桜の咲く時期には500円で池畔と大覚寺堂宇とが拝観できます。
大沢池の所在地
 京都市右京区嵯峨大沢町
大沢池へのバス
 京都駅前より市バス28系統にて「大覚寺」下車、東へ徒歩数分
駐車場 大覚寺の駐車場は拝観者の自家用車が2時間以内500円で40台駐車可能

隙間400

▼桜の下で水鳥が泳ぐ春の大沢池。

大沢池桜78-1

▼大覚寺の心経宝塔は昭和42年(1967)に建てられた新しい建物です。

大沢池桜78-2

▼水面に桜の影を映す晴れた日の大沢の池。

大沢池桜4

▼心経宝塔と天神島を見ています。

大沢池桜2

▼大覚寺の伽藍を見ています。

大沢池桜1

▼桜が飾る春の大沢の池と大覚寺。

大沢池桜3