清水寺の桜
 京都の寺院で最も観光客を集めるのが世界文化遺産に指定されている清水寺です。春4月には清水寺の境内全体にきれいな桜が咲き揃います。本堂(清水の舞台)や奥の院を飾る桜や、放生池から桜を透して眺め上げる三重塔の光景がことのほか美しく見られます。

清水寺(きよみずでら)
 清水寺は宝亀9年(778)に僧延鎮が音羽の滝の上に観音様を祀ったことが始まりで、延暦17年(798)に坂上田村麻呂が千住観音像を安置するための仏殿を建立しました。13世紀には現在の規模になっていたようですが、現在の建物のほとんどは17世紀前半に再建されたものだそうです。

 清水の舞台で知られる国宝の本堂の他にも仁王門や三重の塔、鐘楼、経堂その他の多くの建物が重要文化財に指定されています。清水寺は西国三十三ヵ所観音霊場の第十六番札所であり、本堂の中央の厨子に秘仏の本尊の十一面千手観音立像が安置されています。

清水の舞台
 清水の舞台は18本の太い縦柱など139本のケヤキの柱を釘を1本も使わずに組んだ高さ約13メートルの懸崖造りで、寛永10年(1633)に再建されたものです。

 奥の院の下の崖からは千年以上も前から変わらず三本の清らかな水が流れ落ちています。「黄金水」、「延命水」として知られる音羽の滝の水を一口呑む為にいつも長い行列ができています。

清水寺(きよみずでら)
 音羽山の中腹に地を占める清水寺を春の到来を告げる桜が咲き揃います。

 139本もの太い柱に支えられて崖に張り出して建つ清水の舞台を桜が飾ります。

 奥の院の前から本堂と舞台を支える懸造(がけづくり)の柱を飾る桜と三重塔、遠く見下ろす京都の街並みに多くの人たちがカメラを向けています。

 国宝に指定されている現在の本堂は寛永10年(1633)に徳川家光が再建したもので、十一面千手観音が本尊としてお祀りされています。

清水寺の宗派 北法相宗大本山
所在地 京都市東山区清水1-1294
清水の舞台拝観 400円
拝観時間 午前6時より午後6時
 (季節により変動あり)
清水寺への公共交通機関
●市バス「清水道」下車、東へ徒歩約10分
(京都駅前からは市バス100系統に乗車が便利です。)
駐車場 清水寺の近くに民営の有料駐車場が複数あります。
(京都市営の清水坂観光駐車場はバス、タクシー優先です。)

隙間400

▼国宝の清水寺本堂(清水の舞台)を春の桜が飾ります。

京都の桜清水寺78-1

▼懸崖造りの清水寺奥の院を清水の舞台から眺めています。

京都の桜清水寺78-2

▼子安の塔の近くからは清水の舞台の正面が遠望できます。

京都の桜清水寺1

▼桜に浮かぶ重要文化財の三重塔。

京都の桜清水寺2

▼重要文化財の西門と春の桜。

京都の桜清水寺3

▼高さが約31メートルの三重塔を西側から見ています。

京都の桜清水寺4

▼清水寺鎮守堂の春日社も重要文化財に指定されています。

京都の桜清水寺5